テーマ展示 パリ・コミューン150年記念「パリ燃ゆ~名もなき者たちの声」

※新型コロナウィルス感染症の拡大状況によっては、予定を変更する場合がございます。ご来館の前にホームページ等で最新の状況をご確認ください。

 

本年2021年は、パリ市民による自治政権1871年のパリ・コミューン成立から150年にあたります。

これを舞台に描いた大佛次郎の『パリ燃ゆ』は、コミューンに参加した無名の人々を主役とし、大佛が“事実”と確認できることがらを「煉瓦のように積み上げた」作品です。

 

執筆にあたり大佛はパリを訪れ、コミューン当時、バリケードが築かれた街路を歩き、古書店で多くの資料を集めました。今回の展示では市民たちの生活に焦点を合わせ、大佛次郎が収集した資料に加え、その後記念館が集めたコレクションから、版画やポスターをはじめとする資料約60点をピックアップし、当時の市民がおかれた状況や思いを探ります。

 

当時の社会的評価ではなく、“事実”にこだわった『パリ燃ゆ』の文章と、150年前の様子を今に伝える鮮やかな資料から、パリを生きた、名もなき民衆の声を浮かび上がらせます。

 

女性たちが守るブランシュ広場

女性たちが守るブランシュ広場

 

【主な出展資料】

<版画> ①ジル 風刺画新聞「レクリプス(蝕)」1870年9月11日号《ライオンの目覚め》ジル 風刺画新聞「レクリプス(蝕)」1870年9月11日号「ライオンの目覚め」

 

     ②ドラネ《包囲下パリの思い出》

 

     ③アレクシ《パリ》など40点。

 <資料> 気球便11月10日「ブルス氏宛て書簡」など20点。

 

《展示概要》

【展示名称】 パリ・コミューン150年記念「パリ燃ゆ~名もなき者たちの声」

【展示期間】 2021年9月11日(土)~2021年12月25日(土)

【開館時間】 9月 10:00~17:30   10-12月  10:00~17:00 (最終入館は、閉館の30分前)

【観覧料】  一般/200円 中学生以下/無料 20名以上の団体は150円
    *横浜市内在住の65歳以上の方は無料。
    *障がい者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名は無料。
    *毎月23日(市民の読書の日)と第2、第4土曜日は高校生無料。

【休館日】  毎週月曜(月曜祝休日の場合は翌平日)

【展示解説】 10月9日(土)、11月13日(土)、12月11日(土) 14:00~14:30

       事前申込はこちらから

 

【たてものミニ・ミニトーク】9月18日(土)、10月16日(土)、11月20日(土)、12月18日(土) 14:00~14:15

       事前申込はこちらから

 

【関連イベント①】大佛次郎記念館所蔵のカリカチュアを、デジタルサイネージで、一挙公開!

大佛次郎記念館では、2600点にも及ぶ、カリカチュア(風刺画)を含む版画類を所蔵しています。

今回の展示では、普仏戦争からパリ・コミューン期のカリカチュアや版画を中心に選りすぐりの1000点を

、デジタルサイネージで公開します。大画面で見る版画は大迫力です。

 

【関連イベント②】大佛次郎愛蔵レコード音源の再生

 大佛次郎愛蔵レコードから、J.Bクレマン作詞“さくらんぼの実る頃 Le Temps des cerises”や、 E.ポティエ作詞 “インターナショナル L’Internationale”など、パリ・コミューンに関連した楽曲をデジタル音源化。展覧会会場でお聞きいただけます。

(協力)協同電子エンジニアリング株式会社(Phasemation)

 

【関連イベント③】 ピコンリキュールのごほうびサバラン(10月 期間限定) 

2021年10月 ポンパドウル元町本店で、ピコンリキュールのごほうびサバラン(324円(税込))の販売がスタートします。

大佛次郎が愛飲したオレンジの香りが爽やかなピコンリキュール。

ごほうびサバランは、その名にふさわしく、ピコンリキュール・シロップがたっぷり浸みこんだブリオッシュ生地と、カスタードとホイップの2種類のクリームが絶妙なハーモニーを奏でる贅沢な逸品。

サバランを味わえば、大佛次郎が感じたであろうフランスの風を、あなたも感じられるはず・・・。

ピコンリキュールのごほうびサバラン

期間限定で、販売は元町本店のみというレアな商品ですので、お見逃しなく!

 

協賛:株式会社浦辺設計/株式会社ポンパドウル/横浜高速鉄道株式会社/ 協力:日仏歴史学会 

文化庁「ARTS for the future!」補助対象事業