テーマ展示「これぞ!大佛歌舞伎」

※ 新型コロナウィルス感染症の拡大状況によっては、予定を変更する場合がございます。ご来館の前にホームページ等で最新の状況をご確認ください。

 

「大佛歌舞伎」とは・・・

戦後上演された大佛次郎原作、もしくは書き下ろしの新作歌舞伎演目

 

大佛次郎は、“戦後歌舞伎の華”とうたわれた九代目市川海老蔵(十一代目市川團十郎)にあて、多くの脚本を書きました。作品の多くは海老蔵の当たり役となったほか、「若き日の信長」(1952)をはじめ、「江戸の夕映」(1953)、「たぬき」(1953)といった作品は、現代にも受け継がれ、繰り返し上演されています。

作者・役者双方にとって新たな挑戦であった「大佛歌舞伎」の世界にせまり、舞台にかける情熱を浮かび上がらせます。

大佛次郎書込み入り「若き日の信長」台本 1952.10

大佛次郎書込み入り「若き日の信長」台本 1952.10

 

【展示会期】 2021年4月24日(土)~9月5日(日) 10:00-17:30(最終入館17:00)

【展示解説】 毎月第2土曜日 14:00-14:30

           5/8(土)、6/2(土)、7/10(土)、8/14(土) 

       事前申込はこちらから

11960頃 歌舞伎座前の大佛次郎

展示の紹介その①

展示の紹介その②

 

【関連事業】

 館内で動画を放映! 八代目中村芝翫が語る「”オシャラギ”先生の思い出」

幼い頃、家族ぐるみで大佛次郎と交流を持ち、長じては大佛作品にも度々登場している八代目中村芝翫。

大佛歌舞伎の魅力をたっぷり語っていただきました。2階サロンにてご覧いただけます。

 

ブックレット2冊同時発売!!

歌舞伎エッセイ集 Ⅰ「海老さんのこと」Ⅱ「吹切れる」(各450円)

十一代目市川團十郎、七代目中村芝翫、三代目市川左團次ほか

名優たちについて記した珠玉のエッセイを収録。

Ⅰ「海老さんのこと」はエッセイ6篇、

Ⅱ「吹切れる」ではエッセイ7篇をお楽しみいただけます。

 

 

なるほど! 大佛歌舞伎 謎解き

四季花当書(きせつのうつろいはなのあてがき)

「大佛歌舞伎」には、自然を愛した作家の思い描いた

情景や風物が、様々に表現されています。

館内に散らばった花当書(はなあてがき)の謎から

大佛次郎と大佛歌舞伎の世界をお楽しみください。

【遊び方】

テーマ展示「これぞ!大佛歌舞伎」の展示をヒントに

5つの謎を解いてみましょう。

現在、夏休みお楽しみキャンペーンの一環として期間限定のキャンペーンクイズを開催中。

「藤の棚の下にいる猫は〇匹以上」の答えが分かった方には、

大佛次郎記念館オリジナルねこの缶バッジをプレゼント中です!

★5つ謎は、どの謎からでも挑戦いただけます。

★5つの謎は、館内に設置した「花当書」パネルからご参加いただけます。

★謎解きには、スマートフォンのQRコードリーダーが必要となります。

★5つの謎をすべて解くと、最後の謎に挑戦することができます。

 

 

夏休み期間(7/24-9/5)は、夏休みお楽しみキャンペーンも開催中