「大佛次郎『天皇の世紀』1555回の軌跡」展まもなく閉幕

「大佛次郎『天皇の世紀』1555回の軌跡―取材旅行から絶筆まで」と題して11月より開催している本展示は、3月24日(日)をもって閉幕します。

今回の展示では「取材旅行」がひとつのキーワードになっています。

大佛次郎は、1973年4月に亡くなりましたが、その1年前の1972年5月までの7年間に、26回もの取材旅行に出かけています。

展示の冒頭にその取材旅行を一覧にした資料を展示していますが、じっくりと見ていただけるようホームページ上にも公表します。

「天皇の世紀」取材旅行一覧(PDF)はこちらをクリックするとダウンロードできます