11月25日(土)第5回ミニ・ビブリオバトル

大佛次郎は小さい頃から本が大好きな少年でした。長じて作家になってからも、読書がなによりの幸福で、多くの人に本を読んでほしいと心から願っていました。そんな大佛次郎の思いを広く伝えていこうと、大佛次郎記念館では、平成26年より横浜市「読書活動推進月間」の11月に「ミニ・ビブリオバトル」を開催しています。

第5回「ミニ・ビブリオバトル」では、8名の参加者が「本の紹介ゲーム」に登場します。この参加者を応援してくれる方は、ぜひ大佛次郎記念館にお越しください!

開催日時:平成29年11月25日(土) 14:00~15:30(予定)  開場13:45

開催場所:2階サロン

入館料:参加者のご家族は無料(受付で参加者のお名前をお伝えください)

    学校関係者は無料(学校名をお伝えください)

    その他のミニ・ビブリオバトルご見学の方:大人(高校生以上)150円 中学生以下 無料

     ※受付で、「ミニ・ビブリオバトルを見に来た」とお伝えいただくと入館料が50円割引の150円となります。

 

大佛次郎記念館のミニ・ビブリオバトルとは・・・

公式ビブリオバトルのルールを忠実に従いながら、参加者のみなさんと聴衆のみなさんが体験・見学してよかった! と思える工夫を重ねています。

 

〇今年の参加者8人で行う「本の紹介ゲーム」です。

〇まず、自分が大好きな本の魅力を3分間いっぱいに使ってアピールします(用意した原稿を読むのではなく、自分の言葉で語りかけるようにしてもらっています。メモ程度は見て大丈夫です。)

〇発表を聞いた後、他の6名は5分間でその本について「もっと知りたいな」と思うことを発表者に 質問し、発表者が答えます。

〇全員の発表と質問を聞いた後、自分が「一番読みたいと思った本」に発表者がお互いに投票します。

〇一番投票数の多かった本が、その日の「チャンプ本」となります。

1961年ごろ 大佛次郎の自宅書庫での様子(家が傾くのを心配するくらいの蔵書量だったという)