8/17(木)・8/18(金)子どもアドベンチャー2017を開催します

 

今年も、8月17日(木)・8月18日(金)の2日間にわたって、子どもアドベンチャー2017「お話しの中の猫を描いてみよう!」~感想画体験~を開催します。

各日とも ①11:00-12:00    ②14:00-15:00  の2回開催で、

各回とも定員は10名様までです。参加費無料、同伴のご家族も入館無料です。未就学のお子様もご一緒に参加できます。(定員数には含みませんので、当日お気軽にご参加ください。)

今年より事前申込制となりましたので、お早めにお申し込みください。

【応募締切】7月12日(水)(当日消印有効)

※応募者多数の場合は抽選し、7月21日(金)までに当選・落選をお知らせます。

また、7月12日(水)時点で定員に達していない場合は、追加募集をします。

【参加対象】 横浜市在住・在学の小中学生

【申し込み方法】

メール、FAX、はがきのいずれかで、以下の項目を記入の上お申込みください。

①希望の日と時間 ②名前(ふりがな) ③保護者名前 ④学年 ⑤電話番号

【応募アドレス】 osaragi-oubo@yaf.or.jp      FAX 045-622-5071
         〒231-0862 横浜市中区山手町113 大佛次郎記念館

 

横浜に生まれ、横浜が大好きだった作家・大佛次郎ですが、猫をとても愛した作家としても有名でした。そこで大佛次郎の書いた童話の中から、子猫が不思議な体験をするお話「スイッチョねこ」の朗読を聞いてみましょう。
そして、感じたこと、考えたこと、心に浮かんだイメージを、自由に描いてみましょう。皆さんの感想画は、8月27日(日)まで、記念館内に展示されます。感想画を描いてくれた方には、大佛次郎記念館オリジナル缶バッジをプレゼント!

※後日、市やプログラム実施団体のホームページ・広報誌等に実施当日の様子などの紹介写真を掲載するため、プログラム参加・活動中の
参加者の写真を撮らせていただきます。あらかじめご了承ください。

【昨年度の様子】

朗読は、サロンで。リラックスした雰囲気で聞きます。

会議室に移動して、いよいよ感想画の制作です。昨年度は、色紙をちぎって貼る「コラージュ」も取り入れました。

子どもたちが感想画制作している間、保護者の方たちには、展示解説をお聞きいただきました。

子どもたちが描いた感想画は、後日、2階サロンに展示しました。今年も、8月27日(日)まで展示を予定しています。