テーマ展示 パリ・コミューン150年記念「パリ燃ゆ~名もなき者たちの声」

※新型コロナウィルス感染症の拡大状況によっては、予定を変更する場合がございます。ご来館の前にホームページ等で最新の状況をご確認ください。

 

本年2021年は、パリ市民による自治政権1871年のパリ・コミューン成立から150年にあたります。

これを舞台に描いた大佛次郎の『パリ燃ゆ』は、コミューンに参加した無名の人々を主役とし、大佛が“事実”と確認できることがらを「煉瓦のように積み上げた」作品です。

 

執筆にあたり大佛はパリを訪れ、コミューン当時、バリケードが築かれた街路を歩き、古書店で多くの資料を集めました。今回の展示では市民たちの生活に焦点を合わせ、大佛次郎が収集した資料に加え、その後記念館が集めたコレクションから、版画やポスターをはじめとする資料約60点をピックアップし、当時の市民がおかれた状況や思いを探ります。

 

当時の社会的評価ではなく、“事実”にこだわった『パリ燃ゆ』の文章と、150年前の様子を今に伝える鮮やかな資料から、パリを生きた、名もなき民衆の声を浮かび上がらせます。

 

女性たちが守るブランシュ広場

女性たちが守るブランシュ広場

 

【主な出展資料】

<版画> ①ジル 風刺画新聞「レクリプス(蝕)」1870年9月11日号《ライオンの目覚め》ジル 風刺画新聞「レクリプス(蝕)」1870年9月11日号「ライオンの目覚め」

 

     ②ドラネ《包囲下パリの思い出》

 

     ③アレクシ《パリ》など40点。

 <資料> 気球便11月10日「ブルス氏宛て書簡」など20点。

 

《展示概要》

【展示名称】 パリ・コミューン150年記念「パリ燃ゆ~名もなき者たちの声」

【展示期間】 2021年9月11日(土)~2021年12月25日(土)

【開館時間】 9月 10:00~17:30   10-12月  10:00~17:00 (最終入館は、閉館の30分前)

【観覧料】  一般/200円 中学生以下/無料 20名以上の団体は150円
    *横浜市内在住の65歳以上の方は無料。
    *障がい者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名は無料。
    *毎月23日(市民の読書の日)と第2、第4土曜日は高校生無料。

【休館日】  毎週月曜(月曜祝休日の場合は翌平日)

【展示解説】 10月9日(土)、11月13日(土)、12月11日(土) 14:00~14:30

       事前申込はこちらから

 

【たてものミニ・ミニトーク】9月18日(土)、10月16日(土)、11月20日(土)、12月18日(土) 14:00~14:15

       事前申込はこちらから

 

【関連イベント①】大佛次郎記念館所蔵のカリカチュアを、デジタルサイネージで、一挙公開!

大佛次郎記念館では、2600点にも及ぶ、カリカチュア(風刺画)を含む版画類を所蔵しています。

今回の展示では、普仏戦争からパリ・コミューン期のカリカチュアや版画を中心に選りすぐりの1000点を

、デジタルサイネージで公開します。大画面で見る版画は大迫力です。

 

【関連イベント②】大佛次郎愛蔵レコード音源の再生

 大佛次郎愛蔵レコードから、J.Bクレマン作詞“さくらんぼの実る頃 Le Temps des cerises”や、 E.ポティエ作詞 “インターナショナル L’Internationale”など、パリ・コミューンに関連した楽曲をデジタル音源化。展覧会会場でお聞きいただけます。

(協力)協同電子エンジニアリング株式会社(Phasemation)

 

【関連イベント③】 ピコンリキュールのごほうびサバラン(10月 期間限定) 

2021年10月 ポンパドウル元町本店で、ピコンリキュールのごほうびサバラン(324円(税込))の販売がスタートします。

大佛次郎が愛飲したオレンジの香りが爽やかなピコンリキュール。

ごほうびサバランは、その名にふさわしく、ピコンリキュール・シロップがたっぷり浸みこんだブリオッシュ生地と、カスタードとホイップの2種類のクリームが絶妙なハーモニーを奏でる贅沢な逸品。

サバランを味わえば、大佛次郎が感じたであろうフランスの風を、あなたも感じられるはず・・・。

ピコンリキュールのごほうびサバラン

期間限定で、販売は元町本店のみというレアな商品ですので、お見逃しなく!

 

協賛:株式会社浦辺設計/株式会社ポンパドウル/横浜高速鉄道株式会社/ 協力:日仏歴史学会 

文化庁「ARTS for the future!」補助対象事業

会期
2021年9月11日(土)〜
2021年12月25日(土)
会場
2階ギャラリー
展示解説
10~12月第2土曜日  14:00~14:30  
スポンサー
協賛:株式会社浦辺設計/株式会社ポンパドウル/横浜高速鉄道株式会社/ 協力:日仏歴史学会 

ビブリオバトルシリーズ2021 参加者募集

※ 新型コロナウィルス感染症の拡大状況によっては、予定を変更する場合がございます。ご来館の前にホームページ等で最新の状況をご確認ください。

今年もやります!大佛次郎記念館ビブリオバトルシリーズ2021 小学生から大人まで、ビブリオバトルに挑戦してみましょう!

ビブリオバトルは,誰でも開催できる本の紹介コミュニケーションゲームです.
「人を通して本を知る.本を通して人を知る」をキャッチコピーに全国に広がり,小中高校,大学,一般企業の研修・勉強会,図書館,書店,サークル,カフェ,家族の団欒などで,広く活用されています!


(1)一般向けビブリオバトル【会場】鎌倉市内

  「ツアービブリオ」とのコラボレーション企画。

 ツアービブリオとは「社会科見学×ビブリオバトル」で出会いと知識の幅を広げるお楽しみサークルです。


  2021年9月20日(月・祝)13:00~17:00開催

  テーマバトル「古都」

  対象: 参加の条件・制限なし

  参加費:500円(当日徴収予定)・飲食代は別途

  定員: 発表・観覧を含め最大15名

  日程: 鎌倉集合(13:00)

      →鎌倉市鏑木清方記念美術館(鑑賞)「幽玄の美に誘われて~泉鏡花と清方の出会い」展

      →喫茶店でティーブレイク    →大佛茶亭に移動しビブリオバトル    →解散(17:00頃)

   ※大佛茶亭が工事等により使用できない場合は会場が変更となります。予めご了承ください。

  応募方法:Facebookイベントページ(https://fb.me/e/17yDDbNf3)の参加ボタンを押し、

       ツアービブリオからの連絡に返信した段階で登録完了となります。


        Facebookアカウントがない方は下記アドレスへご連絡ください。(tour.biblio@gmail.com)
  

   共催:ツアービブリオ [社会科見学×ビブリオバトル](Facebookページに移動)

   協力:一般社団法人大佛次郎文学保存会
      鎌倉市鏑木清方記念美術館(公益財団法人鎌倉市芸術文化振興財団)

 


(2)中高生ビブリオバトル【オンライン開催】


        2021年10月2日(土)15:00~17:30

  テーマ:設定なし

  対象 :中学1年~高校3年生
      PC・タブレットで、ZOOM参加できる方(スマートフォン使用の場合は事前にご相談ください)

  参加費:無料

  定員 :最大8名

  応募方法 : メールosaragi-oubo@yaf.or.jp に、件名「中高生ビブリオバトル参加」とし

     ①名前 ②学校名と学年 ③住所 ④本のタイトル ⑤PCまたは、タブレットの別

     でお申込みください。応募多数の場合は抽選となります。

  応募締切: ~9/27(月) 23:59

  参加協力:浅野中学校浅野高等学校 図書部・カリタス女子中学高等学校

 


(3)第9回ミニ・ビブリオバトル【会場 大佛次郎記念館】

  2021年11月27日(土)13:00~16:00

  テーマ:設定なし

  対象 :横浜市在住・在学の小学4~6年生

  定員 :8名(予定)   

      ※応募者多数の場合は開催時間等で事前に調整する予定です。

  参加費:無料

  お付添:参加者1名につき、保護者1名様(入館無料)
      参加者の学校関係者の皆さまにはご見学いただけるようにいたします。(事前予約)
    ◇ 感染症拡大防止対策を万全行い、ソーシャルディスタンスを保って対面で実施します。

  応募方法:メール osaragi-oubo@yaf.or.jp に、件名「ミニ・ビブリオバトル参加」とし

       ①名前 ②学校名と学年 ③住所 ④本のタイトル 

       を記入して申込みください。

  応募期間: ~11/14(日) 23:59


  
(4)デモ・ビブリオバトル【デモンストレーション】

   大佛次郎記念館では、横浜市の小学校を対象に、学校訪問して

   ビブリオバトルを紹介する事業を行っています。

   ご興味のある方は、大佛次郎記念館までお問い合わせください。
   お問い合わせフォームはこちらから

 

◇シリーズ主催:大佛次郎記念館

◇シリーズ後援:ビブリオバトル普及委員会
  

「大佛次郎×ねこ写真展2022」作品募集開始!

※新型コロナウィルス感染症の拡大状況によっては、予定を変更する場合がございます。ご来館の前にホームページ等で最新の状況をご確認ください。

 

愛猫家・大佛次郎にちなんだ写真展 「大佛次郎×ねこ写真展2022」の作品募集を開始します。

2021年一番人気賞 箱入り娘のレモンちゃん(@Lemoratte)

 

大佛次郎記念館で、あなたの撮った「ねこ」写真を展示しませんか?

写真に添えた「一言」(18文字以内)も、写真と一緒に展示します。

会場内とWEBで実施する人気投票と審査で各賞を決定、入賞者には賞品をプレゼント!

 

【応募締切】  2021年11月23日(火・祝) 必着

【応募資格】 アマチュアの方に限ります。

       こども部門は、小学生までの方に限ります

【応募点数】 おひとり様3点まで。

【写真規格】 カラープリントまたはモノクロプリント・2Lサイズ(178mm×127mm)

【写真加工】 応募作品は、合成写真ではないこととします。

【応募方法】 チラシ裏面の応募要項を必ずお読みください。

       応募用紙は、写真にテープ貼付(写真1点につき1枚必要です)

【受付方法】 ご送付(郵送・宅配便)もしくはご来館で受付します。

【展示会期】  2022年1月6日(木)~4月17日(日)  大佛次郎記念館1階ロビー

  印刷用チラシ表面(PDF)

  印刷用チラシ裏面(PDF)

  応募用紙(3枚)(PDF)

 

【子ども部門について】

 子ども部門の応募作品は、小学生以下の方が撮影した写真とします。
 一般部門とは別に、子ども部門コーナーに展示する予定です。
 子ども部門の応募者は、ご来館の際、受付でお名前を言ってください。
 お名前を言っていただいた方には、オリジナルねこ缶バッチをプレゼントします。
 子ども部門にも賞品の進呈を予定しています。

11/23(月・祝)建築家 浦辺鎮太郎の仕事~3つの建物の魅力をめぐるウォーキング~

「大佛次郎の住まいをめぐるヒストリー 鎌倉そして横浜」展の関連イベントとして、横浜にある建築家・浦辺鎮太郎の作品、大佛次郎記念館(1978)、横浜開港資料館(1981)、神奈川近代文学館(1984)の3つの建物を訪い、それぞれの建物が持つ魅力を知るウォーキングを開催します。

浦辺鎮太郎(1909-1991年)は倉敷市出身の建築家。大原美術館分館や倉敷国際ホテルなどが代表作で、「クラフトとインダストリー」を融合させ日本近代建築の新境地を切り拓いた人物です。

大佛次郎記念館については、浦辺鎮太郎自身が「横浜に生まれ終生横浜を愛しつづけた文豪の生家を思わせるものにしたいと勉強を始めた。― 私は、肌に感じた具体性を(中略)一つずつ積み上げて行ったが、果たしてそれが“大佛次郎の生家”のイメージにつながるものかどうかは、後世を待たなければならない」と述べています。(日経アーキテクチュア、1978年6月12日号)

建築家は建物で語る、ともいいます。

案内役は、株式会社浦辺設計の西村清是さん。

浦辺鎮太郎は、横浜の3つの建物でなにを表現したのでしょう。 

神奈川近代文学館

神奈川近代文学館

横浜開港資料館

横浜開港資料館

大佛次郎記念館外観

大佛次郎記念館

日時:  2020年11月23日(月・祝) 10:00-12:30 

集合場所:横浜高速鉄道みなとみらい線「日本大通り駅」

コース: 横浜開港資料館(建物見学)~交通機関で移動~神奈川近代文学館(建物見学)→大佛次郎記念館(建物見学および展示解説)

解散場所:大佛次郎記念館

 

講師:  株式会社 浦辺設計 代表取締役 西村清是 氏

定員:  10名

料金:  800円(各施設入館料、保険料含む)

 

申込:9月12日(土)からeメールで受付

※雨天決行・荒天中止

※横浜開港資料館、神奈川近代文学館では建築中心の見学です。展示観覧は予定していません。

新型コロナウイルス感染症の状況により、日時や内容が変更になる可能性があります。最新の情報は 大佛次郎記念館ホームページでご確認ください。

 

申込方法: osaragi-oubo★yaf.or.jp に下記の項目を記入し申込。(★を@に変えて送信してください。)

件名:「3つの建物ウォーキング」参加希望

 ①参加者氏名(参加される方全員)

 ②フリガナ(参加される方全員)

 ③年齢(参加される方全員)

 ④連絡先電話番号(代表者の方)  ※電話は日中ご連絡がつく番号をお願いします。

※ 迷惑メール対応などで受信制限を設定されている場合、当館からのEメールを受け取れないことがありますので、あらかじめご確認の上送信してください 。

※ Eメールで、1件につき2名様までお申込みいただけます。

 

主催:  大佛次郎記念館(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)

共催:  株式会社 浦辺設計

協力:  神奈川近代文学館、横浜開港資料館

 

 

建築家・浦辺鎮太郎の仕事~3つの建物の魅力をめぐるウォーキング~チラシ

会期
2020年11月23日(月)〜
2020年11月23日(月)
会場
大佛次郎記念館、横浜開港資料館、神奈川近代文学館
スポンサー
協力:(株)浦辺設計、横浜市開港資料館、神奈川近代文学館

大佛次郎賞受賞記念講演会 作家・黒川創「鶴見俊輔の残したもの」

3月21日開催予定の大佛次郎賞受賞記念講演会は、新型コロナウィルス感染防止のため8月30日(日)に延期となりました。

3月21日のチケットをお持ちの場合は、チケットはそのままご利用いただけます。

払い戻しを希望される場合は、こちらのページをご覧ください

【講演会概要】

第46回大佛次郎賞受賞作『鶴見俊輔伝』の著者、黒川創氏による「鶴見俊輔の残したもの」と題した講演会。

【講演者】作家 黒川 創 氏

【講演者プロフィール】

1961年、京都市生まれ。同志社大学卒。「思想の科学」編集委員などを経て作家に。『かもめの日』で2009年に読売文学賞、『国境 完全版』で14年伊藤整文学賞(評論部門)、『京都』で15年毎日出版文化賞を受賞。編著に『鶴見俊輔コレクション』全4巻、『鶴見俊輔さんの仕事』全5巻など。

作家・黒川創

黒川 創          朝日新聞社提供

戦後の代表的知識人が、やり遂げたこと、やり残したこと、そこから継承できるとを、探ります。

【 日 時 】令和2年8月30日(日) 14時開演(13時30分開場) 終演予定15時20分~30分頃

 【 会 場 】横浜市開港記念会館 講堂(JR関内駅徒歩10分・みなとみらい線日本大通り駅徒歩1分)

      横浜市中区本町1丁目6番地

【入場料】全席自由800円

     ※チケットのご提示で大佛次郎記念館に1回入館できます。(ご購入後9月6日(日)まで有効)

     ※未就学児のご入場はご遠慮ください。

【チケット取り扱い】

  〇チケットぴあ 3月17日(火)発売開始~8月29日(土)まで販売

                                       チケットのご購入はこちらからどうぞ。チケットぴあのページに移動します(3/17~)

          Pコード:992746

          チケットぴあでの予約ページへは、下のQRコードからでも移動できます。(3/17~)

  〇大佛次郎記念館窓口 3月17日(火)~8月29日(土)(10:00-16:30)

          ※ 電話での予約はお受けしておりません。 

 

  〇当日券の会場(開港記念会館)販売  当日12時30分より販売予定です。

 

【お問合せ】 大佛次郎記念館(045-622-5002)

【主催】朝日新聞社、大佛次郎記念館

【後援】横浜市中区役所

会期
2020年8月30日(日)〜
2020年8月30日(日)
会場
横浜市開港記念会館
スポンサー
主催:朝日新聞社、大佛次郎記念館 後援

3月28日(土)懐かしの紙芝居「鞍馬天狗 北海狼」ほか

紙しばいや もっちぃによる、懐かしの街頭紙芝居を、「鞍馬天狗 北海狼」ほか3本立てで上演します。

戦後に描かれた街頭紙芝居は、手書きで描かれのノスタルジー溢れるものが多数残っています。なかでも「鞍馬天狗 北海狼」は、蝦夷を舞台に鞍馬天狗が活躍するというオリジナルストーリー。もっちぃの軽妙な語りでお楽しみください。

開催日時:2020年3月28日(土) 11:30~12:00        13:30~14:00

参加費:無料(入館料のみかかります)

 

紙芝居 北海狼 鞍馬天狗(黒頭巾)

会期
2020年3月28日(土)〜
2020年3月28日(土)
会場
2階サロン

2/22(土)-4/19(日)開催 大佛次郎×ねこ写真展2020

猫は、生涯のやさしい伴侶であり「私の家に住んだ猫の数は五百匹に余る」と語った作家・大佛次郎。

大佛次郎記念館では愛猫家の大佛次郎にちなみ、ねこいっぱいの写真展を、「猫の日」である2月22日から開催します。

チラシ素材写真:撮影:石居延弘

撮影:石居延弘

 


 今年は、大佛次郎自らが撮影した猫のカラー写真や、大佛次郎記念館所蔵の「ねこの浮世絵(おもちゃ絵)」を展示するほか、毎年好評の一般のみなさまからの応募作品・約350点を一堂に展示します。
応募写真には、撮影者による18文字のコメントが添えられており、“ねこ愛”が溢れるものから、クスッと笑いを誘うものまで、多種多様です。
毎回好評の来館者による人気投票も実施し、選ばれた作品には賞品も進呈します。

昨年開催の様子

昨年開催の様子

写真展会場のほか、2階の常設の展示の中でも、大佛次郎の愛猫家らしいエピソードやそれに関連する資料を紹介します。

 

会 期 : 令和2年2月22日(土)~4月19日(日)

    3月まで 10:00~17:00(入館は16:30まで)

    4月から 10:00~17:30(入館は17:00まで)

 休館日 : 月曜日(祝休日の場合は翌平日)

料金(入館料): 大人(高校生以上)200円(150円)、 中学生以下 無料

    ※( )内は20人以上の団体料金

    ※横浜市内在住の65歳以上の方は無料

     ※毎月23日「市民の読書の日」と、第2・第4土曜日は 高校生無料

     ※障がい者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名は無料

チラシ素材写真:撮影:石居延弘

会期
2020年2月22日(土)〜
2020年4月19日(日)
会場
1階会議室
スポンサー
協賛 美濃屋あられ製造本舗/横濱元町 霧笛楼/株式会社ポンパドウル/株式会社ホテルニューグランド/横浜高速鉄道株式会社

11/4(月・休) 文学ウォーキング「花と語らう」秋の花園ツアー

生涯にわたり草花を愛した大佛次郎。作品世界を「五感で味わう」をテーマに、草花や故郷横浜への思いをたどります。

香りの庭

香りの庭(5月撮影)

 

 

【 日 時 】2019年11月4日(月・休) 9:15~12:00(予定) ※雨天決行・荒天中止 

【 コース 】大佛次郎記念館→港の見える丘公園内 香りの庭→フランス山→ 山下公園(約1.5km、所要時間:3時間程度)

【 ガイド 】山本 宏一(サカタのタネ グリーンサービス株式会社)

      安川 篤子(大佛次郎記念館 研究員)

【 集 合 】大佛次郎記念館 1階受付9:00 みなとみらい線 元町・中華街駅より徒歩8分

【 定 員 】20名(事前申込制・応募者多数の場合は抽選)  

【 参加費 】500円(大佛次郎記念館の入館料、資料代、保険料を含む)

【その他 】植物に触れ、草花の香りを楽しみます。階段等アップダウンがありますので 当日は歩きやすい服装・靴でお越しください。

【お申込み方法】

〇e-mailまたは電話でお申込みください。(先着順になります)

  ① イベント名「11/4ウォーキング」

  ② 参加者氏名・フリガナ(参加される方全員)

  ③ 年齢(参加される方全員)

  ④ 〒・住所(代表者の方)

  ⑤ 日中にご連絡がつく電話番号(代表者の方)

  ◆Eメール:osaragi-oubo@yaf.or.jp

   ※1件につき2名様までお申込みいただけます。

   ※当館から受信可能なEメールアドレスをご記入ください。受信制限が設定されている場合、当館からのEメールを受け取れないことがありますので、あらかじめご確認の上、送信してください 。

 

主催:大佛次郎記念館(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)

協力:横浜市環境創造局(サカタのタネ グリーンサービス株式会社)

チラシ画像

会期
2019年11月4日(月)〜
2019年11月4日(月)
スポンサー
横浜市環境創造局(サカタのタネ グリーンサービス(株))

8/5(月)『ヨコハマ物語』を語る~大和和紀スペシャルトークショー(7/25チケット発売)

緊急企画!港の見える丘公園の洋館に漫画家・大和和紀を招き、トークショーを開催!

 今なお多くのファンを魅了する漫画家・大和和紀の珠玉の名作『ヨコハマ物語』をテーマにしたトークショー。聞き役は、熱烈な大和和紀ファンのアナウンサー竹平晃子。大佛次郎記念館の優雅なサロンで大和和紀が語る『ヨコハマ物語』をお楽しみください。

※40名様限定のプレミアム・イベントです

※当日の開館時間は13:00、チケットをお持ちの方のみ入館できます

※イベントは45分間の予定です

※チケット発売は、7月25日(木)10:00~

※料金には観覧料、特製クリアファイルが含まれます

 

【大和和紀・漫画家】

3月13日生まれ札幌市出身の魚座。O型。1966年、「週刊少女フレンド」より『どろぼう天使』でデビュー。『はいからさんが通る』で第1回講談社漫画賞を受賞。「源氏物語」を基に描いた『あさきゆめみし』は、少女漫画の枠を超えて高い評価を得ている。他に『ヨコハマ物語』『N.Y.小町』『ベビーシッター・ギン!』『紅匂ふ』『イシュタルの娘~小野於通伝』など人気作多数。

 

開催日時 2019年8月5日(月) 14:00開演 14:45頃 終了予定

(大佛次郎記念館の開館時間13:00・サロン開場13:45)

 

出演   漫画家 大和和紀

     聞き役 竹平晃子(アナウンサー)

 

チケット 全席自由 2,000円(40枚限定) 

     取り扱い:チケットぴあ(チケット発売は、7月25日(木)10:00~)Pコード:643-277

         ※未就学児の入場はご遠慮ください。

      ※1回につき2枚までご購入いただけます。

                    お買い求めはこちらから(チケットぴあのページに移動します)(チケットの発売は7/25~)

 

問い合わせ先 大佛次郎記念館 045-622-5002

ヨコハマ物語後期チラシ原画

会期
2019年8月5日(月)〜
2019年8月5日(月)
会場
2階サロン
展示解説
13:20~13:35 建物の魅力ミニ・トーク
スポンサー
監修:(株)講談社 協賛:(株)浦辺設計/(株)ポンパドウル/横浜高速鉄道(株)/大佛次郎研究会

6/29(土)大佛次郎賞受賞記念講演会 角幡唯介氏「結婚と冒険」

第45回大佛次郎賞受賞作『極夜行』の著者、角幡唯介氏による「結婚と冒険」をテーマにした講演会を開催します。

【講師】ノンフィクション作家・探検家  角幡唯介氏

【プロフィール】1976年、北海道生まれ。早稲田大学卒。同大探検部OB。 朝日新聞記者を経て探検家・ノンフィクション作家に。 『空白の五マイル』で2010年開高健ノンフィクション賞・2011 年大宅壮一ノンフィクション賞、『雪男は向こうからやって来た』 で2012年新田次郎文学賞、『アグルーカの行方』で2013年 講談社ノンフィクション賞、『探検家の日々本本』で2015年 毎日出版文化賞書評賞、本作で2018年本屋大賞ノンフィク ション本大賞を受賞。

【開催日時】2019年6月29日(土) 14:00開演(13:30開場)

【会場】横浜市開港記念会館 講堂

開港記念会館HPより

【入場料】800円(全席指定800円)

    ※チケットのご提示で大佛次郎記念館に1回入館できます

    ※未就学児のご入場はご遠慮ください

【チケット発売日】3月22日(金)
 

〇チケットぴあ:3月22日(金)~6月28日(金)まで販売   Pコード:642027
  チケットぴあホームページ(トップページ)はこちらをクリック  

  講演会の予約ページは、下記QRコードからお入りいただけます。

予約はQRコードから

 

 〇大佛次郎記念館窓口:3月22日(金)~6月27日(木)の16時まで販売します
  *電話での座席確認・予約はお受けできません。

 〇当日券の会場(開港記念会館)販売について
  *残席があった場合のみ12時より販売します。

会期
2019年6月29日(土)〜
2019年6月29日(土)
会場
横浜市開港記念会館
スポンサー
共催:朝日新聞社 公演:横浜市中区