2/22は、にゃんにゃんにゃんの日! ねこ写真展始まります

大佛(おさらぎ)次郎(じろう)×ねこ写真展2017「猫は、生涯の伴侶」~大佛次郎は猫を愛した作家でした~

- 2月22日 猫を愛した文豪の記念館に、600点以上のねこ写真が集結! ―

主催:大佛次郎記念館 共催:ジャパンクリエイト株式会社

 

小説「鞍馬天狗」「パリ燃ゆ」などで知られる、横浜生まれの国民的作家・大佛次郎(明治30年~昭和48年)は、大変な愛猫家でした。ともに暮らした猫は500匹を超えると言われています。

2月22日の「猫の日」から1か月間にわたり、大佛次郎記念館では「ねこ」をテーマにした写真展を開催します。当館でねこの写真を特集した企画展は初めての開催です。

ねこへの愛が溢れる大佛の文章・写真、一般公募のねこ写真600点超をお楽しみいただけます。 

 

見どころ その1 大佛次郎×ねこ~いまじねーしょん~

 小説「鞍馬天狗」の一節に、ねこの写真を組み合わせて展示します。様々なねこの姿と大佛文学の共鳴をお楽しみください。今回は「鞍馬天狗」の中から『角兵衛獅子』『銀煙管』『女郎蜘蛛』より展示予定です。

2016年11月に赤レンガ倉庫1号館で開催された「ねこ写真展」には、大佛次郎記念館もプレ展示として参加しました。下の写真は、そのの一部です。この時は『角兵衛獅子』の中の文章とコラボレーションしていました。

「ぼんやりと力のない目で往来を見ているのでした。」

「ぼんやりと力のない目で往来を見ているのでした。」

目を輝かせて、こう思いました。

「目を輝かせて、こう思いました。」

006

「なんだい、大勢出てきたな」

「残されて一人になってから、その不安が、急に胸一杯に広がって来る」

「残されて一人になってから、その不安が、急に胸一杯に広がって来る」

見どころ その2 大佛次郎の視線の先の猫たち

 1930年代から1960年代の大佛次郎自身が撮影した写真や、大佛の猫への深い愛情が感じられる写真を選りすぐって展示します。

1937年 大佛次郎撮影

1937年 大佛次郎撮影

1936年 撮影

1936年 撮影

見どころ その3 一般応募作品の人気投票を開催!

 一般から公募した600点を超える愛らしいねこ写真を一挙公開。会期中、来館者による人気投票も実施します。(結果はHPで発表)

続々と集まっている写真の一例(その一)

続々と集まっている写真の一例(その二)

 

楽しみどころ   謎解き・クイズで館内のねこを発見!

当館では大佛が集めた置物などのねこコレクションも展示しています。館内を謎解きとクイズで巡りながら、ねこ探しをお楽しみください。

 

連携事業 Art Gallery山手で開催 第8回 猫・ねこ写真展

港の見える丘公園に向かう谷戸坂の中ほどにあるモダンな画廊が、Art Gallery山手です。ギャラリーでは、ポストカードの販売などもあります。

     PART1  2/  9(木)~2/19(日) 11:00~18:00(最終日は~17:30)
     PART2 2/23(木)~3/ 5(日)  11:00~18:00(最終日は~17:30)

≪会場≫ Art Gallery山手

≪料金≫入場料無料  

 

会期
2017年2月22日(水)〜
2017年3月20日(月)
会場
会議室他

平成28年度テーマ展示Ⅲ ロマン・ロラン生誕150周年記念「大佛次郎のフランス」

大佛次郎(1897-1973)は「思想的に傾倒し影響を受けた」と後に記すほど、ロマン・ロラン作品の熱心な読者でした。高等学校時代にフランス語を選択したことで、フランス文学や歴史への関心が大きく広がり、やがて大佛文学を支えるバックボーンの一つとなりました。ロマン・ロラン作品との出会いは、まさにその端緒となるものでした。

本展はフランスの作家・平和主義思想家ロマン・ロラン(1866-1944)の生誕150年を記念し、大佛次郎とロマン・ロラン、さらにはフランスとの関わりをたどる展覧会です。

ロマン・ロラン生誕100周年記念講演会(1966)

ロマン・ロラン生誕100周年記念講演会(1966)

第一部(part1:大佛次郎とロマン・ロラン)

大佛のロラン作品との出会いから、生涯にわたる読書歴を紹介します。また、東京帝国大学卒業後に相次いで刊行した『先駆者』(1921年)、『クルランボオ』(1922年)、『ピエールとリュス』(1924年)等の翻訳やその後の執筆活動を通して、日本でのロラン作品紹介に大きな役割を果たした、詩人・尾崎喜八(1892-1974)やフランス文学者・小牧近江(1894-1978)との交流を描きます。

1958年6月7日酉子夫人宛て絵葉書

1958年6月7日酉子夫人宛て絵葉書(表)

1958年6月7日酉子夫人宛て絵葉書(裏 マドレーヌ寺院)

1958年6月7日酉子夫人宛て絵葉書(裏 マドレーヌ寺院)

1958年6月15日酉子夫人宛て絵葉書(表)

1958年6月15日酉子夫人宛て絵葉書(表)

1958年6月15日酉子夫人宛て絵葉書(裏:パンテオン)

1958年6月15日酉子夫人宛て絵葉書(裏:パンテオン)

第二部(part2:大佛次郎のパリ便り)

それから約40年後の1958年、初めて訪れたフランスの印象を、夫人に宛てた48通の絵はがきを通してたどります。この欧米旅行から帰国後、大佛は日本とヨーロッパを比較する多くのエッセイを書くほか、翌1959年には、長く温めていたフランス四部作*の三作目、「パナマ事件」の執筆に取りかかります。この旅行はその後の執筆活動を考える上で、一つの画期にあたるといえます。

本展覧会全体を通じ、様々な形で垣間見える「大佛次郎の愛したフランス」の具体像にせまります。

*フランス四部作とは・・・

『ドレフュス事件』(1930年)、『ブウランジェ将軍の悲劇』(1941年)、『パナマ事件』(1959年)、『パリ燃ゆ』(1964年)の4作品。いずれもフランス第三共和政成立期の歴史を題材とした作品。

 

≪関連イベント≫

2017年1月29日(日)13:30~15:00(開場13:00)

料理研究家 那須井綾子とめぐる「大佛次郎の≪美味しい≫フランス紀行」(詳細はこちらから)

大佛次郎の1958年、61年のフランス旅行を、「食」を切り口に、料理研究家・那須井綾子氏のナビゲートでたどります。大佛自身が撮影した画像で、レトロなパリの街並みをたどりつつ、“美味しい”大佛の旅行を追体験します。

%e5%a4%a7%e4%bd%9b%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7

会期
2016年11月17日(木)〜
2017年3月12日(日)
会場
2階ギャラリー
展示解説
毎月第2土曜日(12/10、1/14、2/11、3/11) 14:00~14:30
スポンサー
株式会社浦辺設計/株式会社ポンパドウル/横浜高速鉄道株式会社/大佛次郎研究会

横浜文学散歩~富岡編~ (募集期間終了しました)

直木三十五 — なぜ大佛次郎記念館が直木三十五なのか?

文豪の登竜門として確固たる地位を誇る芥川賞と直木賞ですが、直木賞は直木三十五を記念して創設されました。「横浜文学散歩~富岡編~」では、大佛次郎と直木三十五のかかわりを軸に富岡周辺を散歩します。

日  時◆10月15日(土)13:30~16:00(予定)

案内人 ◆内海 孝(東京外国語大学名誉教授)

集  合◆京急 京急富岡駅 改札口     

解  散◆京急 能見台駅(予定)

参加費◆500円 (保険料込み)    ※大佛次郎記念館招待券の特典付きです

定  員◆20名(応募者多数の場合抽選)

対  象◆約3~5キロのコースを歩ける方(雨天決行の予定)

※コースには上り下りの高低差があります。歩きやすい服装でお越しください。

申込方法◆往復はがきによる応募のみ受付(はがき1枚につき4名様までお申込みいただけます)

申込締切◆9月4日(日)必着 ※抽選結果は9月9日(金)までに返信します。

申込方法の詳細はこちらから

※今回より、参加費用は事前の郵便振替払となりました。あらかじめご了承ください。

会期
2016年10月15日(土)〜
2016年10月15日(土)

金子建志氏と聴く 大佛次郎旧蔵SPレコードコンサート

大佛次郎は大のクラシック音楽好きで、レコードの重みで床が抜けることを心配するほどのレコードコレクターでした。25年にわたり、NHK-FM音楽番組の解説員をつとめ、現在『レコード芸術』の月評で交響曲を担当する、音楽評論家の金子建志氏を講師に招き、曲目や演奏についてのレクチャーとともに大佛お気に入りのSPレコードを蓄音機で聴きます。レコード鑑賞の後は大佛夫人直伝のレシピによるチーズケーキとコーヒーを楽しみます。

SPレコードは、比較的目にすることのあるLPやEP、シングル盤と言われるレコードより古い時代のものです。

回転数は、LPレコードで1分間に 33 1/3回転(3分で100回転)、EPレコードでも毎分45回転ですが、SPレコードは毎分78回転もします。今回のコンサートでは、非常に速い速度で回転している様子を、間近でご覧いただけることと思います。

また、そのため約30cm程度のレコード1枚で録音できる時間は、5分程度と非常に短いものでした。なので、クラシック音楽などは1枚には収まりきらず、何枚にも分けて録音されています。今回のコンサートでも途中でレコードの入替をする場面もございます。

原料はプラスチックではなく、鉱物などを天然樹脂で固めたものでレコードの針の重さに耐える一方で、非常にもろく落下や衝撃に大変弱いものです。また天然有機物を含むためカビが発生しやすく保存も難しいため、製造する国や時期によっては、再生音やノイズに大きな違いが見られるのも特徴です。

大佛次郎は、様々なものをコレクションしていましたが、SPレコードもその中の一つです。20代である大正時代から昭和まで、コレクションをしていた記録が残っています。現在、当館に所蔵されているものだけでも100枚以上のSPレコードがあります。

そんな希少なSPレコードを、鑑賞できるめったにない機会です。お聞き逃しなく!

 

*当日、レコードや機器の状況により、予定が変更される場合がございます。

♪ ドヴォルザーク 交響曲 第9番「新世界」(演奏:ベルリン国立歌劇場管弦楽団)

 ストラヴィンスキー「ペトルーシュカ」(1911年版)(指揮:ストラヴィンスキー自身による)

♪  ヴェルディ「椿姫」より   他

 

日時:2016年10月22 (土)13:0015:00 (12:30開場)

会場:大佛次郎記念館 2階サロン、および1階会議室、和室

講師:金子建志(武蔵野音楽大学および常葉大学短期大学部非常勤講師、千葉フィルハーモニー管弦楽団音楽監督・常任指揮者)

定員:30(事前申込制、応募者多数の場合は抽選)

参加費:1,000(入館料、ティールーム「霧笛」チーズケーキ&コーヒー代含む)

応募方法:往復はがきまたはメールにて必要事項をご記入のうえご応募ください。(10/1(土)締切り)

  ◆往信面ウラおよびメール ①10/22 SPレコード ②代表者氏名 ③電話番号(日中ご連絡が可能な番号) ④参加者全員のお名前(フルネーム)

  ◆返信面オモテ 返送先ご住所・氏名

  ◆申し込み先 〒231-0862横浜市中区山手町113  大佛次郎記念館 「10/22 SPレコード」係

Eメールアドレス:osaragi-oubo@yaf.or.jp (応募専用)

はがき1枚につき3名様まで申し込めます。 

※ 抽選結果は10/8(土)までに返信します。

※ いただいた個人情報は「SPレコードコンサート」以外には一切使用いたしません。

[共催]横浜アーツフェスティバル実行委員会

会期
2016年10月22日(土)〜
2016年10月22日(土)
会場
大佛次郎記念館 サロン・和室・会議室

平成28年度テーマ展示Ⅲ ロマン・ロラン生誕150年記念「大佛次郎とフランス(仮)」

会期:11月17日(木)~2017年3月12日(日)

明治末に日本に紹介され、人々に、そして大佛次郎に大きな影響を与えたロマン・ロラン(1866-1944)。学生時代のロラン翻訳から、愛妻に書き送った絵はがきまで、「大佛が愛したフランス」をたどります。