新型コロナ感染症対策に関するお知らせとお願い(2021.8.2~8.31)

令和3年7月30日に緊急事態宣言が発出されたことに伴い「横浜市文化施設における新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン」が改訂されました。                                                                       

(適用期間 令和3(2021)年8月2 日から令和3(2021)年8月31日)

 

ガイドラインの詳細はこちらから(別ページ)

 

今回の変更事項は、大佛次郎記念館の和室・会議室については、

8月を利用日とする新規申込の受付を停止します。

8月19日(木)変更 

緊急事態宣言の延長に伴い、横浜市からの指示により、当面の間、新規利用予約の受付を停止いたします。

 

また、前回に引き続きイベント主催者に対して、県への事前相談の有無等を

神奈川県HP(外部サイト)で確認し、必要に応じて、

神奈川県のコールセンター(045-210-3425)に事前相談を行うことを求めています。

大佛次郎記念館の和室・会議室については、以下の通りの運用となります。

 

◇施設貸出の定員について

和室100%(25名)、会議室100%(20名)となります。

ただし、定員100%利用で、

全国的・広域的な移動を伴う催物、

かつ大きな発声を伴うご利用については、

神奈川県に相談が必要となる場合があります。

該当する団体におかれましては、まず大佛次郎記念館にご相談ください。

 

観覧につきましては、変更等はございません。

 

◇ ご来館に際してお願い

・トイレにはハンドソープとアルコール消毒液をご用意しております。ハンドソープによる手洗い、手指の消毒の励行へのご協力をお願いいたします。

・入館時はマスクをご着用ください。マスクを着用されていない、またはフェイスシールドやマウスシールド着用の方は入館をご遠慮いただきます。

・大声での会話はお控えください。