講演会「キク・ヤマタの生涯と作品」(マチュー・セゲラ/歴史家)

Matthieu SEGUELA © Laurence Prat

横浜フランス月間2019の関連イベントとして、講演会「キク・ヤマタの生涯と作品」(講師:マチュー・セゲラ/歴史家)逐次通訳付を、6月15日(土)14:00より大佛次郎記念館・会議室にて開催します。

ご予約はお電話で(大佛次郎記念館045-622-5002)

 

[講演について]

講師マチュー・セゲラ氏(東京国際フランス学園教師)よりメッセージ

キク・ヤマタ(1897-1975)は日本人とフランス人の両親をもつ女流作家です。日仏文化交流において重要な役割を果たし、その作品と生涯は再評価に値するものです。

*マチュー・セゲラ氏に対する笹川日仏財団の協力により日本語の逐次通訳がつきます。

*協力:アンスティチュ・フランセ横浜

Kikou Yamata (1897-1975) est une femme de lettres franco-japonaise qui a joué un rôle important dans les relations culturelles entre l’Europe et le Japon.

Ses romans, ses traductions, ses articles et ses amitiés avec des artistes et des écrivains de son temps en font une femme importante dont l’oeuvre et la vie sont à redécouvrir.

Contact→osaragi-oubo@yaf.or.jp