大佛次郎記念館版『鎌倉通信』を販売中です

現在開催中のテーマ展示「大佛次郎の戦後ニッポン―未来を信じるチカラ―」展では、大佛次郎が主筆をつとめた月刊誌「学生」を紹介しています。

この「学生」の中で、大佛次郎は「鎌倉通信」というコラムを毎号担当していました。体調を崩し入院した際にも欠かさなかったという文面からは、これまでの反省を踏まえ「しっかり自分の目でものを見て、自分の頭で判断することができるように」というメッセージが時にユーモアを交えて展開していきます。

この「鎌倉通信」から6編のエッセイを選りすぐり、現代に生きるみなさんにも大佛次郎の熱い言葉を届けようと小さな冊子を制作しました。

ただいま、350円で大佛次郎記念館のショップで販売中です。
掲載エッセイ「君たちの春の山」「チョン髷」「喰えない林檎」「夢は大切」「柚子の花」「柚子の実」

雑誌「学生」昭23.8 月号