大佛次郎生誕120周年 ブックガイドができました(情報更新しました)

大佛次郎は1897年(明治30)、横浜市英町(現・中区)に生まれました。横浜のホテルニューグランドの一室に仕事場を置き、住まいのある鎌倉と行き来しながら多くの名作を発表しました。終生変わることのない愛情を故郷に寄せた大佛次郎は、愛猫家としても知られています。生誕120年のことし、横浜市中央図書館との連携によりブックガイドを作成しました。

このブックガイドを手がかりにして、図書館で大佛次郎の本に親しんでみませんか。

このブックガイドの作品以外にも、大佛次郎の著作は多数(小説だけでも長・短編あわせて約500作品)あります。図書館で読むことも、大佛次郎記念館で読むこともできます。横浜生まれの文豪・大佛次郎の世界をお楽しみください。

大佛次郎生誕120周年 ブックガイドはこちらから、ご覧ください。

図書館で、読んでみようと思われる方は、横浜市立図書館のページから検索すると便利です。