大佛次郎賞と大佛次郎論壇賞が決定しました。

18日(日)に第43回大佛次郎賞、19日(月)に第16回大佛次郎論壇賞が、主催の朝日新聞社より発表されました。

優れた散文作品に贈られる大佛次郎賞(1973年創設)は、作家・浅田次郎氏の短編小説集『帰郷』(集英社)に決まりました。

また、日本の政治・経済・ 社会・文化・国際関係等をめぐる優れた論考を顕彰すべく2001年に新設された大佛次郎論壇賞には、一橋大学准教授(社会学)である森千香子氏による『排除と抵抗の郊外 フランス〈移民〉集住地域の形成と変容』(東京大学出版会)が選定されました。

大佛次郎記念館では、第43回大佛次郎賞の受賞を記念して、平成29年4月に、浅田次郎氏による記念講演会を開催します。詳細は、追ってお知らせいたします。