港の見える丘公園の展望台の南側に広がる沈床花壇の奥にアーチ型の屋根と赤レンガの外観が一際目立つ館。横浜ゆかりの作家「大佛次郎」の業績と生涯を様々な資料で紹介しています。
大佛次郎は横浜で生まれ、そして横浜を最も多く描いた作家です。中でも「霧笛」「幻燈」は開化期の横浜を愛惜をこめて描いた名作として今も多くの人々を魅了し続けています。
代表作には「パリ燃ゆ」「天皇の世紀」「帰郷」「赤穂浪士」などがあり、「鞍馬天狗」の作者としても親しまれてます。
また館内には、愛猫家であった大佛次郎が所蔵していた猫の置物も、多数展示されています。

大佛次郎記念館について

開催中の展示

  • 大佛次郎研究会 The Society of OSARAGI Jiro
  • ヨコハマ・アートナビ
  • ヨコハマ・コドモ・アートナビ
  • 横浜市芸術文化振興財団 ニコニコチャンネル YAFCH
  • 公益財団法人横浜市芸術文化振興財団
  • ヨコハマハコいりムスメプロジェクト